- 未分類

慰謝料を請求する

手紙慰謝料を請求するというと大仰なように思われがちですが、実は誰が誰に対しても請求することができます。まず、慰謝料を請求する相手に慰謝料を請求するという手紙を届けることです。しかしながら素人が行ってもその手紙を無視すれば、送っていないことと同じになりますので効果はないでしょう。

このような慰謝料請求は専門的な知識を持った弁護士にお願いするのが一般的です。慰謝料請求の手続きは手紙において慰謝料の金額、支払方法、支払期日などの交渉を行っていきます。一般的には内容証明郵便を送り、相手が応じない場合は裁判などになります。いきなり裁判をすることもありますがそれは稀で、基本的には書面のやり取りからの裁判になります。

慰謝料請求交渉としては、弁護士などの専門家を第三者として代理人に立てて交渉することが一般的です。交通事故の慰謝料でしたら保険会社と交渉することもできますが、弁護士に依頼したほうが弁護士基準という比較的高い金額での慰謝料支払いとなることが多いです。

書面で支払いに応じてくれなかった場合、裁判を行うことになります。裁判を向こうが欠席するとこちらの主張を通すことができますし、それでも支払えない場合は差し押さえもできます。

- 未分類

交通事故の慰謝料

怪我慰謝料としてもう一つ身近なのが交通事故慰謝料です。交通事故によって死亡したり、ケガをしたり後遺障害が残ることによる精神的苦痛に対して支払われるものになります。死亡慰謝料、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料があります。車の損壊などは慰謝料には含まれず、損害賠償請求というかたちになります。

交通事故における慰謝料の計算には、3つの基準があります。まずは自賠責保険における計算基準を採用した自賠責基準、任意保険会社の基準を採用した任意保険基準、最後は裁判を行った場合に支払われる金額である弁護士基準です。

自賠責基準がもらえる金額が一番低くなり、裁判所基準が一番もらえる金額が高くなります。また、症状や程度によって減額されたり増額されたりします。裁判所基準での慰謝料を考えているのでしたら、交通事故問題に強い弁護士にお願いするのが一番の近道です。

物損事故であっても、一定の書類を添付することで人身事故と同じように通院慰謝料などが支払われる場合もあります。また、交通事故の慰謝料においては、ケガと事故との因果関係があることがまず前提になりますので、事故で身体の不調を感じた場合は速やかに通院することが必要になります。


◆関連サイト◆
交通事故慰謝料
(交通事故について相談できる法律事務所のサイトです)

- 未分類

不貞行為の慰謝料

慰謝料請求慰謝料という言葉をよく聞きますが、有名なのは主に離婚に関するものです。配偶者に責任や原因のある時は相手に対して不法行為に基づく損害賠償請求として慰謝料が請求できます。注意しなければならないことは、夫婦の双方に同程度の責任があった場合や性格が不一致で離婚するといった場合には互いに支払われないことです。

離婚に関する慰謝料は、第三者にも請求することができます。例えば、配偶者が不貞行為を行った場合はその浮気相手である第三者に慰謝料請求をすることができます。親戚などが原因で離婚に至った場合は、その原因がしっかりとしていれば、親戚などにも請求できます。

慰謝料の種類は二種類あり、不貞行為(浮気や離婚)、暴力や借金など離婚の直接的原因になった慰謝料である離婚原因慰謝料と、離婚したくなかったのに離婚することによって発生する精神的苦痛に対する賠償である離婚自体慰謝料です。

離婚の慰謝料というのは一般的には200万円~300万円程度と言われていますが、婚姻の長さなど夫婦の状況によって異なります。また、いくら慰謝料を積み上げたとしても、支払い義務者の経済的能力がなければ取り立てられず、個別性の強いまた専門的なサポートの必要な分野です。

- 未分類

様々な慰謝料について

事故慰謝料と一口に言ってもさまざまなものがあります。慰謝料とは、交通事故配偶者の不貞行為などで受けた精神的な傷を金銭にて補填することを目的とされたものです。慰謝料と似たものに損害賠償請求があります。損害賠償請求は受けた損害に対してそれを請求することです。

損害賠償請求は、受けた損害がそれなりに算定できるものであるため、そういったところから逆算しての金額となります。財産の損害については財産の金額を請求することで補填できると考えますので慰謝料には該当しません。これは、交通事故で言えばケガをしたり通院したりするときは慰謝料として支払われますが、愛車の損壊に関しては、損害賠償請求の分野になります

慰謝料については、損害賠償請求と違って大体の相場的な金額はあるものの個別性が強いです。例えば、離婚慰謝料に関していえばどのくらい婚姻生活が続いているのかや、どのような不貞行為が行われていたか、不貞行為が離婚につながったのかということなど様々な観点から請求されます。配偶者だけでなく離婚の原因が姑など親族にある場合は、親族に向けても請求できます。

慰謝料と聞くと交通事故や離婚問題などの慰謝料が一般的ですが、その限りではありません。労働問題で言えば、解雇やパワーハラスメントなどに対する慰謝料、いじめによりケガをしたりしたらいじめた人に対する慰謝料などもあります。誰が誰に対しても請求できるものですが、一般的には弁護士が代理人になって行います。