- 未分類

不貞行為の慰謝料

慰謝料請求慰謝料という言葉をよく聞きますが、有名なのは主に離婚に関するものです。配偶者に責任や原因のある時は相手に対して不法行為に基づく損害賠償請求として慰謝料が請求できます。注意しなければならないことは、夫婦の双方に同程度の責任があった場合や性格が不一致で離婚するといった場合には互いに支払われないことです。

離婚に関する慰謝料は、第三者にも請求することができます。例えば、配偶者が不貞行為を行った場合はその浮気相手である第三者に慰謝料請求をすることができます。親戚などが原因で離婚に至った場合は、その原因がしっかりとしていれば、親戚などにも請求できます。

慰謝料の種類は二種類あり、不貞行為(浮気や離婚)、暴力や借金など離婚の直接的原因になった慰謝料である離婚原因慰謝料と、離婚したくなかったのに離婚することによって発生する精神的苦痛に対する賠償である離婚自体慰謝料です。

離婚の慰謝料というのは一般的には200万円~300万円程度と言われていますが、婚姻の長さなど夫婦の状況によって異なります。また、いくら慰謝料を積み上げたとしても、支払い義務者の経済的能力がなければ取り立てられず、個別性の強いまた専門的なサポートの必要な分野です。

Pocket