- 未分類

交通事故の慰謝料

怪我慰謝料としてもう一つ身近なのが交通事故慰謝料です。交通事故によって死亡したり、ケガをしたり後遺障害が残ることによる精神的苦痛に対して支払われるものになります。死亡慰謝料、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料があります。車の損壊などは慰謝料には含まれず、損害賠償請求というかたちになります。

交通事故における慰謝料の計算には、3つの基準があります。まずは自賠責保険における計算基準を採用した自賠責基準、任意保険会社の基準を採用した任意保険基準、最後は裁判を行った場合に支払われる金額である弁護士基準です。

自賠責基準がもらえる金額が一番低くなり、裁判所基準が一番もらえる金額が高くなります。また、症状や程度によって減額されたり増額されたりします。裁判所基準での慰謝料を考えているのでしたら、交通事故問題に強い弁護士にお願いするのが一番の近道です。

物損事故であっても、一定の書類を添付することで人身事故と同じように通院慰謝料などが支払われる場合もあります。また、交通事故の慰謝料においては、ケガと事故との因果関係があることがまず前提になりますので、事故で身体の不調を感じた場合は速やかに通院することが必要になります。


◆関連サイト◆
交通事故慰謝料
(交通事故について相談できる法律事務所のサイトです)

Pocket