- 未分類

慰謝料を請求する

手紙慰謝料を請求するというと大仰なように思われがちですが、実は誰が誰に対しても請求することができます。まず、慰謝料を請求する相手に慰謝料を請求するという手紙を届けることです。しかしながら素人が行ってもその手紙を無視すれば、送っていないことと同じになりますので効果はないでしょう。

このような慰謝料請求は専門的な知識を持った弁護士にお願いするのが一般的です。慰謝料請求の手続きは手紙において慰謝料の金額、支払方法、支払期日などの交渉を行っていきます。一般的には内容証明郵便を送り、相手が応じない場合は裁判などになります。いきなり裁判をすることもありますがそれは稀で、基本的には書面のやり取りからの裁判になります。

慰謝料請求交渉としては、弁護士などの専門家を第三者として代理人に立てて交渉することが一般的です。交通事故の慰謝料でしたら保険会社と交渉することもできますが、弁護士に依頼したほうが弁護士基準という比較的高い金額での慰謝料支払いとなることが多いです。

書面で支払いに応じてくれなかった場合、裁判を行うことになります。裁判を向こうが欠席するとこちらの主張を通すことができますし、それでも支払えない場合は差し押さえもできます。

Pocket